セフレに関する偏見を持たないでほしいです

偏見を持たないでくれと言ってもなかなかむつかしいことかもしれませんが、出会いアプリというものがいくら便利であるといわれていても、こういうアプリを利用することにどうしても抵抗を感じてしまう人がいますよね。

出会いアプリを利用して出会いを求める場合、セフレという言葉を無意識に考えてしまう人がいると思います。出会いアプリを利用して出会いを求めることに抵抗を覚える人にとって、恐らくセフレというのは何となく君の悪い存在というか、あまり正常な男女の関係ではないというふうな価値観があるのだと思います。

確かに、出会いアプリを利用して出会いを求める人の中には、セフレや不倫を前提とした男女関係のように、ちょっといけない関係を求める人は大勢います。そういう特殊な男女関係ほど、出会いアプリを利用して見なければなかなか実現できないものだからです。けれど、そういう目的で出会いアプリを利用する人が実際に多いからと言って、出会いアプリそのものについて、何かフケツなものであるというふうによからぬイメージを持つことはやめてほしいのです。

まず、セフレというものについて、私は必ずしも間違った人間関係ではないというふうに思っています。確かに、複雑な人間関係がこじれて犯罪に発展するような悲惨なケースがないとは言い切れません。けれども、そんなケースはほんの一部です。
ほとんどの人間関係は、それほど急激に間違った方向へは進んでいきません。だから、出会いアプリを利用すれば人生が狂うとか、そもそもセフレという特殊な男女関係は不潔であるといったような偏見を持つことをやめてほしいのです。

確かに特殊な男女関係ではあるかもしれませんが、決してフケツとか間違っているとかそういうふうに決めつけられる関係ではありません。いい加減な男女交際をして、確かにこれでは不潔だと非難されても仕方がないだろうというふうな人は確かにいますが、もともと、セフレという人間関係そのものが間違っているというわけではないと思います。

よく、セフレと恋人を比較した場合、セフレのほうが格下だというふうにみなす人が多いようですが、それも必ずしも正しい意見ではないと私は思います。いくら恋人同士だかといって、付き合っている二人が幸せだとは限りません。反対に、たとえセフレの関係であったとしても、そこらへんの恋人同士よりはよほどしあわせそうだという例もあります。

好評のせふれアプリ【http://xn--u8j5ak1ce2d3hsae6213gh7yb.net/】